ホーム > コンサートの影響で民泊を一時的に認める!?

コンサートの影響で民泊を一時的に認める!?

福岡市の市長である高島宗一郎市長は12月8日の定例記者会見で、
「人気アーティストであるEXILEと嵐のコンサート等がある日は特例で民泊を認める」
という方針を明らかにしました。



福岡市が試行 12月中旬以降に実施 福岡市は8日、イベントが集中して市内のホテルなどが満室状態となる日に限定して、市民が自宅の空き部屋を有料で提供する「民泊」を試行する方針を明らかにした。今月中旬以降に実施し、来年以降も続けるかどうかを検討していく。 市によると、民泊を実施する期間は、市内で人気アイドルグループ「嵐」のコンサートがある17〜19日ごろと、「EXILE(エグザイル)」のコンサートがある26、27日ごろ。市内の宿泊施設の部屋数は総計約2万5000室だが、コンサート期間中は1日約5万人の集客が見込まれるほか、18〜21日には約15万人が訪れる「福岡モーターショー」もあり、宿泊需給がすでに逼迫(ひっぱく)している。

(毎日新聞 12月8日)


但し補足として、市は「提供者と利用者のマッチングには関与しない」としており、
部屋の提供を希望する人は自治体に申請し、市の審査を通過し認められなければなりません。


この一連の騒動が、今後の業法にどのように関わってくるかが非常に注目です。



〒100-0005 東京都千代田区丸の内二丁目3番2号郵船ビル1F

Copyright (c) 2015 株式会社つばめ不動産会計事務所. All Rights Reserved.